防水シートがめくれてしまっていた長田区O社様屋上シート防水工事

お世話になっているO社さま。
今回雨漏りのご相談を受け、現況を見にお伺い

 

 

現況はシート防水。
屋上へ上がるなり水溜りが見えたため、排水口の詰まりが原因かと思いきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近寄ってみると防水シートがゴッソリ捲れあがっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見積もり提出の後、工事を発注いただき、工事開始
①下地処理

1)既存シート撤去

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)目地、クラックシーリング補修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)樹脂モルタル ノロ引き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4)プライマー塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5)ゴムシート敷設
水を受ける部分が無いよう
まずは下から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6)上から立ち上がり部分を被せるように
また、シート下に空気が入らないよう、
慎重に転圧(下部写真真ん中のローラーで空気を押し出す)します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7)シート端末をアングル固定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8)保護塗装塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、
工事完了!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな社屋で、撤去された既存シートは物凄い量になりました。
地上4階建て部分に相当する屋上から、どうやって大量のシート(重い)を?降ろす?
O社様の会社建物は真ん中が吹き抜けになっていました。
そこを利用させて頂き、なんとか全部地上へおろすことが出来たのでした。
O社様、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

    関連記事

    1. FRP防水工事の流れ

    2. 神戸市兵庫区Eマンション様大規模修繕工事、進んでいます!

    3. 神戸市東灘区N様邸屋根葺き替え工事

    4. 神戸市須磨区I様邸外壁塗装工事

    5. 神戸市中央区Pマンション外壁改修工事  後編

    6. 明石市N様邸外壁塗装、その他工事

    0120-
    37-1529
    お問い合わせ
    フォーム