板金屋さん、屋根屋さん大活躍の秋・・・市内各所屋根工事を伴う外壁塗装工事

先月末から数珠繋ぎで始まった1連の屋根工事。
5件のうち、2件が間もなく工事完了を迎える運びとなりました。

どちらの施工例も外壁塗装工事を同時に施工しましたが、
今回は屋根工事に絞って、お伝えします。

1件目は瓦の葺き替え工事
前回の工事は2010年5月のこと。
私たちがホームページを立ち上げ、程なくお問い合わせを頂いたお客様です。
11年を経て、現況を確認したり、当時の資料を振り返ってみると
何を考え、どんな理由でその補修方法を選択したかメモを残していました。
それと現況を照らし合わせながら、状況を確認していると
ずいぶん昔に受けた試験の答え合わせをしているような・・・そんな気分になりました。

外壁の傷み具合は想定内のものでしたが、瓦屋根が予想以上に傷んでいて

 

 

 

 

 

 

 

葺き替えを検討しなくてはならない状況でした。

弊社では瓦の工事は屋根屋さんに
そしてガルバ鋼板によるカバー工法(屋根・壁ともに)は板金屋さんにお願いしています。

屋根屋さん曰く、使用する瓦の問題でもあるとのこと。
古くなったところに凍害が加わってこのように割れてしまうそう。

 

 

 

 

 

 

 

出来るだけ、気候の似通った産地のものを選びましょう!とのアドバイス。
そういうわけで、屋根屋さんお薦めの瓦から色を選んで頂きました。

入荷した瓦

 

 

 

 

 

 

 

と、その前に、既存の瓦を屋根から降ろす作業です
撤去した瓦は1か所に集められ

 

 

 

 

 

 

 

梯子瓦揚機で、地上へと降ろされます

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は乾式工法ですが、建造当時は湿式。
瓦を降ろした後は、土も降ろします。

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイになった上から、ゴムアスルーフィングを敷きます

 

 

 

 

 

 

 

桟を打ち、ようやく新しい瓦を取り付けていきます

 

 

 

 

 

 

 

落ち着いた緑が上品な印象。
色決めの際、私も立ち会ったのですが、あっという間に即決!
そして、この後、10月20日から始まるお客様宅でも
やはりこの色が選ばれました。
やっぱり!素敵ですもの!!

 

こうして瓦屋根の葺き替えは終わり、
本格的に外壁塗装が始まるという工程でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

 

2件目は、以前弊社が施工したお客様宅のお隣にお住まいのお客様。
壁はまだ艶が残っていて状態は良かったのですが、問題は屋根でした。
塗り替えられなくなくもない(さて、どっちでしょう!?)

 

 

 

 

 

 

 

金額的なこともあるので、お客様にご提案する前に悩みました

 

 

 

 

 

 

 

塗り替えても、長くはもたない・・・。
それをお客様に提案するのも如何なものか?
思う所をお話させていただき、今回葺き替え(カバー工法)の運びとなりました。

 

今回はガルバ鋼板屋根(ガルテクト)。
ですので板金屋さんの登場です。

 

瓦と違って、既存材料を撤去する必要は無いのですが
デザイン性の高い屋根形状で、通常よりも工期は長め。
まず大屋根を仕上げ、その後高圧洗浄を行ってから外壁塗装。
その後、最終的に下屋を仕上げるという順序を取りました。
先に下屋を仕上げてしまうと、
塗装の工程で踏んで汚したり傷つけたりしてしまうため。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケラバ・唐草を取り付け、下から順にガルテクトを取り付けていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

完了後はこのように

 

 

 

 

 

 

 

 

施工中のお客様、ご不便をおかけします。
今しばらくのご辛抱、何卒よろしくお願いいたします。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

既に10月16日(土)からは屋根の大がかりな修繕のための足場を組みました。
事情を知らず足場を組んだ足場屋さんがビックリ
「大変です、屋根に穴あいてます」大慌てで連絡が・・・

 

 

 

 

 

 

 

はい、それを直すために足場を組むんです!
もともとは雨漏りでのご相談。
屋根の穴は施主様もビックリな事実で画像を2度見、3度見。

瓦と土を降ろし、屋根下地がどこまで傷んでいるかを調べ、補修。
その後ガルバ鋼板平葺きの予定。
外壁も鋼板で囲ってしまうため、ここでは塗装工事の出番なし!

 

10月20日からは瓦屋根の葺き替え
本日10月18日(月)から足場を組んだ集合住宅も
屋根をガルバ鋼板(カバー工法)に

 

これからの時期、台風が発生しないことを祈るばかり。
ぼちぼち木枯らしも吹き始めるころ。
季節を進める長雨も気がかり。
毎日毎日が祈る思い。
カミサマ、どうか現場に優しい気候にしてください。

 

関連記事

  1. 賑やかな駅前での外壁改修工事・・・明石市Kビル様 外壁改修・その他工事

  2. 神戸市兵庫区 Nビル様外壁改修工事

  3. 神戸市北区S様邸外壁・屋根塗装工事

  4. ご家族の想いが詰まった建物、これ以上傷まないように・・・神戸市東灘区Oビル様外壁改修・屋上防水工事

  5. 神戸市長田区不動産会社様物件 外壁・屋根塗装工事

  6. グレースケールは幸運の色・・・神戸市北区F様邸外壁・屋根塗装工事

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム