雨漏りの原因はアゴ!?ホタテ!?・・・中央区Iビル様・Aマンション様雨漏り調査結果

雨漏りのご連絡を頂いて、お伺い

実はこの建物、3年前に施工した建物。

 

 

 

 

 

 

その当時も施工前から雨漏りしており、思い当たる部分は念入りに施工。
塔屋を除く、足場が組める東面・北面を施工。

外壁調査のうえ

 

 

 

 

 

 

下地処理
Vカットシーリング

 

 

 

 

 

 

エポキシ樹脂注入
注入前の穿孔の様子

 

 

 

 

 

 

パラペット部分には防水剤を
プライマー

 

 

 

 

 

 

防水材を塗り

 

 

 

 

 

 

 

その後塗装

 

 

 

 

 

 

サッシまわりのシーリング

 

 

 

 

 

 

ガラス周囲のシーリングも

 

 

 

 

 

 

水張調査をし、屋上の土間に漏れの無いことを確認し

 

 

 

 

 

 

笠木部分のみ防水を施工

 

 

 

 

 

 

工事ののち、雨漏りは止まっていたのですが・・・・。
昨年の暮れ、やはり漏れたとのご連絡。

 

連絡を受け、お伺い。
サーモカメラで観てみると
確かに漏れてます

天井や

 

 

 

 

 

窓枠の下も

 

 

 

 

 

天井の漏れはおおよそ推測できる。
直ぐ上は、前回予算の都合で施工しなかった建物塔屋。

問題は窓枠

というわけで、前回ご提案しなかった
雨漏り調査と対策工事をご提案。

足場を組み、調査、対策工事に入ることに

 

 

 

 

 

 

 

 

前回施工できなかった塔屋部分にも足場を組み、外壁改修工事を施工

 

 

 

 

 

 

雨漏り調査の結果
原因として浮かび上がってきたのが
「 アゴとホタテ 」

いえ、
正確には、アゴ(の下)

 

 

 

 

 

このように波打っている部分がポケットのようになってしまっており
雨水の侵入経路になってしまっていたのです

 

そして、ホタテではなく(一瞬ホタテと聞こえてしまったのですが)
ホウダテ(方立)

 

 

 

 

 

窓枠下の雨漏りは、方立が原因と判明。

実はその後、同じく中央区のAマンションでの雨漏り調査でも
方立てが原因と判明。

こんなオシャレなドーム型の窓の

 

 

 

 

 

 

こんな部分や

 

 

 

 

 

 

こんな部分が雨漏りの原因に

 

 

 

 

 

 

サッシと壁の取り合い部分のシーリングは
雨漏りの原因として予測しやすい部分ですが
老朽化したサッシそのものが原因となると、考え物です。

ハメゴロシの黒いサッシの方には、
シーリング補修の上から万能防水シートを貼り、

 

 

 

 

 

 

さらに上からシーリングをして、対応

 

 

 

 

 

 

昔ながらのシルバーのサッシには
防水シートが目を剥きすぎるため(色が黒かグレーしかないため)
シーリングを。

 

 

 

 

 

 

該当する窓全てに施工

 

 

 

 

 

 

築年数を経た建物は、
やはり日常から目配り、気配り
そしてマメなメンテナンスが必要。
気象条件が激烈になった昨今は尚更
そのような意識が必要と感じます。
雨漏り、奥が深く難しい・・・
より深く携わるようになり、つくづく思います。

関連記事

  1. 久々の、こんなこともしています企画 ①神戸市中央区K様(店舗)塗装工事

  2. 安心して暮らせる家にしてください!・・・神戸市長田区H様邸外壁・屋根塗装その他工事

  3. 4階建てのマンション 東灘区Mハイツ様外壁改修工事

  4. 神戸市東灘区N様邸屋根葺き替え工事

  5. とにかく雨漏りをとめたい!・・・雨漏り調査・対策工事を含めた塗装工事 前編

  6. 水漏れ・・・からの浴室工事  神戸市中央区M様邸 浴室、洗面(雨漏り改修)工事

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム