築年数を経た建物の塗装に関するちょこっと工事・・・神戸市西区Tさま邸外壁塗装、その他工事

昨年施工させて頂いたお客様からのご紹介。
早速お伺い。

どこか懐かしい、昭和を感じる佇まい

 

 

 

 

 

 

 

「古いからなぁ。あちこち傷んどると思うわ」とTさま。

 

玄関周囲のこの感じがノスタルジック
ライオンのドアノッカーや照明の形、懐かしいでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとたび建物に目を向けると、
前回の補修痕が黒ずんでいたり

 

 

 

 

 

 

 

新たにクラックが発生していたり

 

 

 

 

 

 

 

長年風雨に晒された木製の玄関ドアは、どうしようかと悩むほど
傷んでしまっていました

 

 

 

 

 

 

 

築年数を経た家の工事は、いつもどこかにジレンマを抱えます。
足場を組んだからには出来ることは出来る限り、する!

そうは言っても、
出来ることもある反面、やはり出来ないことが出てしまうのです。
構造的に無理なのか、技術的に無理なのか、予算的に無理なのか・・・
理由は様々あれ、どこに着地点を置く?・・・いつも悩むところです。

今回のTさま邸でも、
歪んで途中までしか開かなかったサッシは
相談の結果、「仕方ないね」と、このまま使い続けることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

工事に着手するまでに、色や工事の詳細を詰めていく打ち合わせ
ご近所への挨拶など行いますが、
もうひとつ、作業があります。

それは、
足場が組めるようにすること
建物周囲の私物の片付けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを移動させて、足場が組めるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

準備が整ったところで
1)足場仮設

 

 

 

 

 

 

 

2)高圧洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

洗浄のさなかにも、不具合が見つかります。

お客様自身では掃除をすることも、補修をすることも出来ない樋。
洗浄の際にはしっかりと内部を洗浄し、詰まりを取っておくことも大切
縦樋の詰まりを取っているところ

 

 

 

 

 

 

 

樋受けの針金がほとんどなくなっており、勾配が無くなった上に泥が溜まり
泥の重みで更に勾配が無くなってしまい、その部分に水が停滞し、
泥と水の重みや湿気で最終的に樋が傷んで変形。横に広がってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

酷い場合には樋の交換を勧める場合もあります

丸印部分の樋受けの針金が無くなってしまった結果、勾配が反対になってしまった部分。
本来矢印の方向に流れる筈が、反対側に水が溜まってしまっています。
大雨が降ると、この部分から水が滝のように流れ落ちているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

太陽が良く当たる南面のベランダでは
本来取り付けてあったはずの樋の接続部分(ジャバラ)が劣化し
取れて無くなってしまっています

 

 

 

 

 

 

 

 

樋のジョイントが外れてしまっている部分も

 

 

 

 

 

 

 

一番の悩みどころが玄関戸
塗装をするにも傷んで脆弱になった部分を
取り除かなくてはならないのですが・・・
洗浄で傷んでいる部分がここまで取れてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

このまま塗装をしても表面の凹凸は残ってしまうので、キレイには仕上がりません

 

さて

このまま流れに沿って下地補修 → 外壁塗装へと
お話を進めようかと思ったのですが
今回は少し趣向を変えて、塗装に付随したちょこっと工事についてお話しようと思います。

それらの不具合をどうしたかというと
1)樋に関する不具合
★樋受け針金は新たに巻きなおし

 

 

 

 

 

 

 

★勾配が悪くなった挙句、逆勾配になり、水が溜まっていた部分は
針金の巻き具合で勾配調整

 

 

 

 

 

 

 

★跡形もなくなってしまっていたベランダの樋(ジャバラ)は代替品を取り付け

右側も

 

 

 

 

 

 

 

左側も

 

 

 

 

 

 

 

★外れてしまっていた樋のジョイント部分は、
以後外れにくくするため固定しなおし

 

 

 

 

 

 

 

★その他にも、心配な部分はシーリングで補修

 

 

 

 

 

 

 


2)玄関戸に関する不具合

傷み具合や素材によっても方法は違いますが
方法としては大まかに3つ(ドア本体の取り換えは別として)
1)塗装
主に木製の玄関戸で塗装をする場合が多いです(アルミ製の場合塗装はお勧めしていません)
木製扉の場合、木目の風合いが埋もれて無くなってしまうのが、残念なところ
塗装後の玄関ドア

 

 

 

 

 

 

 

2)シートを貼る
仕上がりにこだわりのある方の場合、シートを貼る場合が多いです
※下見の結果、施工不可の場合もございます
木目調のシートや

 

 

 

 

 

 

 

石調のもの

 

 

 

 

 

 

 

 

レザー調のもの

 

 

 

 

 

 

 

現在施工中のK様邸でも、シートを貼る予定で話を進めています

実際の施工例としては
施工前

 

 

 

 

 

 

 

シート施工後の様子

 

 

 

 

 

 

 

3)塗装 ・・プラスα
今回のTさま邸がこれに該当します
傷み過ぎていて塗装をしてもキレイに仕上がりそうもない場合

 

 

 

 

 

 

 

ケレンののち

 

 

 

 

 

 

 

傷みの激しい部分にプレートを貼ります

 

 

 

 

 

 

 

それから塗装をすると、仕上がりはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

家の顔と言っても過言ではない玄関。
外壁がキレイになると、どうしても傷んだままの部分が目を剥いてしまいがち。

因みにT様邸の完成は、こんな具合です
施工前

 

 

 

 

 

 

 

工事完了後

 

 

 

 

 

 

 

築年数を経た家が塗装工事で新築同様になることはまずありません。
どうしても補修の痕は残りますし、どこかしら古さは残るものです。
「古さ」が「風合い」になってくれれば・・そう思います。
目指すは
「古いけど、手をかけて丁寧に暮らしておられるな」
そんな、住まい手の想いが伝わるような仕上がり。

 

Tさま、ありがとうございました。

関連記事

  1. 芦屋市O様邸改修工事

  2. 神戸市垂水区I様邸外壁塗装、防水工事

  3. 建物の内側も外側も、ほぼ全面改修・・神戸市須磨区T様邸内部、外部改修工事(後編)

  4. 神戸市垂水区T様邸外壁・屋根塗装工事

  5. あけましておめでとうございます

  6. 屋根のカバー工法、増えてます

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム