こだわりの色での施工・・・神戸市北区K様邸外壁・屋根塗装工事(本編)

前回は、思いがけずお話したいことができてしまい
番外編として施工までの3年半にわたる
K様邸の住まいの変化を見ていただきました。

 

 

さて、今回は本編です。

 

足場仮設‥…の前に

建物自体は3年半でさほど劣化は進まなかったのですが
付帯する木製ベランダの劣化が進んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今や多くのお宅で木製のパーツを見かけます。
ウッドデッキ、目隠しルーバー、ラティスにフェンス・・・

 

 

ところが・・・・・・
木製のパーツはお手入れが大変なんです。

ほとんどの方が、その大変さをご存じないまま
デザインとして採り入れておられます。

 

 

ですので
年数を経た住宅で腐りはてたウッドデッキや
目隠しルーバーを多く見かけます。
そして、どなたも口をそろえて

「もう要りませんから撤去してください」
「そんな手入れが必要なんて知らなかった」

そう仰られます。

 

「鉄の木」・・・とも呼ばれるウリン材など、
水に強い木材での施工をご提案することもありますが価格は高め。
耐久性は抜群なんですが・・・。

 

 

どうあれ、放置しておくとシロアリの温床にもなるので、
塗装と同時に撤去をお勧めしています。

 

 

今回も木製のベランダ部分のみ撤去することに

①ベランダ撤去

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリキ工事まで撤去部分を養生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②足場仮設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③高圧洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④シーリング工事

※長くなるので既存撤去、プライマーは割愛します

目地や

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシ際も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤屋根塗装

タスペーサー差し込みの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下塗り、中塗りを経て
上塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ベランダ撤去部分ブリキ巻き

木材が剥き出しになってしまうのでブリキで巻きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆止めを塗っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦外壁塗装

1)下塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)中塗り・・・の前に!!!
塗料に関してKさまがこだわられた部分が2つあります

 

ひとつは、
湿気が多いので塗料を防カビ型にしてほしい!
というわけで、メーカーに依頼して塗料は強力防カビ型に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつは

 

ある日、K様から

「外壁の色、パントンの色見本で

         作ることは可能?」

 

ん?パントン???

 

K様と一緒にパソコンに向かい、パントンの色見本から
K様お気に入りの色を検索。
ただ、プリンターで出力すると、どうも色が違う・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困っていると
「僕が色番のサンプルを取り寄せます」とK様。

 

取り寄せてくださった色見本からメーカー発注をかけ
いくつかのパターンで見本を作ってもらいました。
※別途調色料金が発生します

 

そうしてできた色が・・・
2)中塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)上塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵でしょう?
この色、国産の汎用メーカーの見本には
有るようで・・・無いんです。

 

 

ところで 「パントン」 案外皆さんの身近にあるんです。
ヴェルナー・パントンさん、ミッドセンチュリーを代表するデザイナーです。
この椅子、見かけたことありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな椅子も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前私がリビングに設置したかった照明も、パントンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家具のイメージが強かったため
色までプロデュースされていたなんて・・・知らなかった。

 

 

デザイン関連のお仕事をなさっているKさま。
道理で・・・パントンカラーなんて初めて聞きましたもの。
ちなみに色板の取り寄せもK様独自のルート。
事の真相は最終日に知りました。
K様、英語がご堪能だったのです。

 

 

その後
付帯部分や

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木部の塗装をして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく

工事完了 です

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事完了後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なので南面もご紹介

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事完了後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※撤去せず残っているウッドデッキはK様ご自身で補修なさるそうです

 

色見本でK様に確認したとはいえ、やはり、
イメージと違っていたらどうしよう・・・
不安は拭えませんでした。
足場を解体し、全景が見えた時、ホッとしたのを憶えています。
K様、3年半越しの塗装工事、憶えていてくださってありがとうございました。
色のことも大変勉強になりました。
色見本帳が欲しい!ですが、金額を見て撃沈した次第です。

 

自身でも情報収集しないと・・・
今行きたいのは、竹中大工道具館で開催されている
アイノ&アルヴァ アァルト展

関連記事

  1. 神戸市兵庫区T様邸外壁・屋根塗装、防水工事

  2. 神戸市北区I様邸、母屋、屋根塗装その他工事

  3. 神戸市灘区N様邸屋根塗装工事

  4. 神戸市垂水区 M様邸

  5. 神戸市北区H様邸外壁・屋根塗装その他工事

  6. 神戸市長田区H様邸外壁・屋根塗装工事

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム