神戸市北区M様邸雨漏り対策工事および外壁・屋根塗装工事

お問い合わせをいただいたのは、昨年秋のこと。

 

 

お伺いしてみると
外壁は全体に褪色が進んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーリングの破断、ブリード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番頭を悩ませておられたのは雨漏りでした。

漏れてくるからとタオルを大量にサッシに敷き詰めておられました。
深刻さが垣間見えた瞬間でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

直ぐ上のベランダはFRP防水。
時間を経たFRP防水は、このように表面が亀の甲のように割れます。
ですが、直ぐに雨漏りに直結するわけではなく・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

ベランダの壁は、Mさまによって目地という目地にテープが貼られていました。
「なんとかしたい!」というMさまの思い、事態の深刻さを改めて痛感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまずベランダのFRP防水施工を含めた外壁・屋根塗装のお見積もりを作成。
雨漏り対策については別途ということになりました。

 

 

 

お見積もり提出の後、工事を発注いただきました。
工事着手前に雨漏りの原因を調べ、特定することにしました。
お客様の予算あってのこと。やみくもに手当たり次第・・・という訳にはいかず、
あらかたの目星をつけてから工事に入りたかったのです。

 

 

 

というわけで今回は外壁・屋根塗装ではなく
雨漏り対策工事について
ご報告したいと思います。

 

 

調査をするに当って
一番思い当たったのはシーリングでした。
ベランダ周りの目地、サッシ廻りのシーリングを全て打ち替えました。
これで雨漏りが止まるのか・・・?
様子を見てもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一筋縄ではいかないもので、雨漏りは止まらずでした。

 

 

次に、ベランダ土間からの漏れ?
こちらに関しても調査しましたが土間からの漏れではありませんでした。

 

 

 

雨漏りは難しいです。
思いもよらない原因が多々あります。
次に・・・外壁・・・・そして・・・!!!
わかりました!

 

 

 

原因はこの壁!
サッシとサッシの隙間の壁!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁をめくってみないと原因は分かりません。
この壁の下の防水シートが破れてしまっているのか?
もしかすると・・・最初から防水シートが貼られていなかった可能性もあります。

 

 

 

壁の一部を解体して最初からやりなおすという手も無くはないですが・・・・
Mさまとも相談の結果、今回はブリキ屋さんの登場です。
※ここからは外壁・屋根塗装工事と並行して施工しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題部分の壁に直接雨が当らないように、ガルバ鋼板で壁を作ることになりました。

 

 

 

現況の壁の上から防水シートを貼り、桟を打ちます。
PIC_0445サイズ変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ガルバ鋼板を貼ります
PIC_0457サイズ変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「徹底的に雨水の侵入を防ぐ」との執念をこめて・・・
雨戸のシャッターボックスとの隙間からも雨が入らないように庇をつけました
PIC_0481サイズ変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水が溜まりやすいと思われる部分には勾配をつけたカバーを
PIC_0456サイズ変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、2階部分壁造作工事完了です
PIC_0480サイズ変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終テストを行い、OKが出た後、足場を解体。
工事完了の運びとなりました。

 

 

Mさま、ありがとうございました。
いつもながら感心していたのはMさまの熱心さでした。
ご自分の家が今、どんな状況で、どのような工事が必要で、その工事はこんな内容
きちんとご自分で整理され、分からないことはひとつひとつ質問してこられました。

 

 

 

「私の家は私が守る!」・・・そんなMさまの強い思いと、
「Mさまの想いに応えたい。ナントカしたい!」・・・という現場に携わる私たちの思い。
まさに、皆が一丸となって取り組んだ・・・そんな現場でした。
そういうスタンスで工事が進められたこと、嬉しく思います。
Mさま、ありがとうございました。

 

 

 

近隣の皆様、
偶然工事の時期がカブってしまった道路工事?水道工事?の
ガードマンさん(いつも駐車スペースの配慮いただきました)
ありがとうございました。

 

 

 

雨が大量に降ったり何日か降り続くと、
今でも「大丈夫かな?」と思いだすお宅が何件かあります。
Mさま邸と同じように雨漏りの原因、その対策に頭を悩ませたお宅です。

 

 

いつまでも安心して住み続けられるお住まいでありますように。
そのために、私どもには何が出来るのか?
自問自答の日々は続きます。

 

 

 

 

関連記事

  1. 大石 お菓子工場様

  2. 須磨区テラスハウス様外壁改修・防水工事(施工前編)

  3. 神戸市北区S様邸屋根塗装工事

  4. 須磨区S様邸屋根、2年後の再施工

  5. 鋲宗ビル様

  6. 施工までの3年半、住まいの劣化は?~神戸市北区K様邸外壁・屋根塗装工事(番外編)

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム