賑やかな駅前での外壁改修工事・・・明石市Kビル様 外壁改修・その他工事

今回お世話になった Kビル様は、
先代からお付き合いの続くお得意様の工務店、Mさんのお客様。

 

明石での工事は殆どが、このMさんのお客様や、そのお知り合いの方々。
Mさんが数年前から体調を崩され、
「 僕のお客さん、よろしく頼むね 」と。
以来直接お客様から声をかけていただいている。

 

「雨も漏れてるし、ぼちぼち外壁の工事しようと思って」と
お電話をいただいたのは昨年7月のこと。

 

大きな駅の南側。商店街の中にある大きな建物です。
か〇〇し  はお店の屋号。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りに面した壁面の殆どがタイル貼りの豪華なつくりです。

 

 

が、今回そのタイル部分がかなりの傷みよう。
殆どの目地がやせ、欠け。通常の補修では難しいと判断。
今回カチオンフィラー + モルタルでしごき、塗装をすることに。
せっかくのタイル、もったいないのですが、美観よりも建物そのものの寿命を優先。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築年数が古く、かなりの傷み具合です。
大小クラックは建物のいたるところにみられ、ご自身で補修なさった痕も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり陽の当らない北面はコケが生え、
軒の下は、モルタルが剝落しかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような部分も要注意
錆びた手摺の穴から建物に水が浸入する原因に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予算のこともあり、何処をどのように補修するか、
足場が無くても可能な部分はどうか?
いろいろ話し合い、煮詰めていきます。
店舗のエアコン工事も含めて、工事を承ることになりました。

 

 

で、
工事開始!
年明け直ぐの工事。

①足場仮設

商店街の抜けると近隣には工場もあり、朝は仕事へ向かう方々、
お昼前後からはお買い物へ来られる方々でごったがえします。
一番人通りの少ない土曜日に足場を仮設。
とはいえ、やっぱり人通りは多く、ガードマンさんに誘導してもらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②外壁調査

打診棒を使い、外壁を調査していきます。
高所など、足場を組んでみないと分からない部分を調査していきます。

黒い点々はエポキシ樹脂注入を指示するもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VはVカットシーリングを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他浮き箇所撤去や、クラック補修材の摺りこみなど
調査結果を皆が共有できるよう指示していきます

 

 

③下地補修

指示されたとおり、補修を行います

1)Vカットシーリング
カッターでクラック巾を敢えて拡げたところ。
この後、プライマー処理+シーリングで補修します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)エポキシ樹脂注入
振動ドリルで穿孔ののち、エポキシ樹脂を注入しているところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)クラック補修材摺りこみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4)モルタル浮き箇所撤去
錆びた鉄筋の一部が出てきました(露筋)
鉄筋の鉄が錆び、膨らむことでモルタルが押され、このように浮き上がってしまいます。
ボロッと落ちてくることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露出した鉄筋に錆止めを塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹脂モルタルで凹凸を調整します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は特に傷みの酷かった部分がいくつかありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならここで、高圧洗浄→外壁塗装(マスチック模様下塗り)に入るのですが
徹底的に処理をしたつもりでも、まだ気になるほど傷んでいる部分がありました。
鉄筋がこれ以上錆びないためにも、壁からの雨水の浸入は避けたい!

 

というわけでひと手間、防水材を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、手摺の根元が錆び、穴が開いていた部分も
鉄工所さんに治して頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④シーリング工事
同時に目地のシーリング打ち
シーリング材を充填後、ヘラで押さえているところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤高圧洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、内容が多いので今回はここまで。
平成から令和、元号をまたいでのご報告になりそうです。
そして、Kビルさまは昭和、平成を経て令和の時代に突入です。
次回は、タイル部分モルタルしごき~完成までをお話いたします。

 

関連記事

  1. スキマの向こうに雨漏りが・・神戸市中央区狭小地1面掛け外壁改修工事

  2. まつやビル様

  3. 神戸市東灘区Mマンション様外壁改修工事 後編

  4. 塗装と同時に施工したサッシ工事・塀工事、想定外の屋根工事・・・須磨区O様邸塗装、その他工事

  5. 神戸市須磨区O様邸外壁・屋根塗装、カルセラ工事

  6. 第二磯上ビル様

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム