絶妙なタイミングでのご連絡、ありがとうございます・・・神戸市西区外壁・屋根塗装工事

最初にお問い合わせを頂いたのは2018年6月のこと。
当時築13年目に入ったところ。多少気になる箇所はあるものの、
「直ぐにという状況ではありませんよ」とお伝えした。

 

その後「どうですか?」と言えないのが私たち。
「だから良かった」と仰ってくれるお客さまも、
「もっとグイグイ行かんとアカンで」ダメ出ししてくれる
お客さまも両方おられる。
「お客様に決断を迫る」という行為が性に合わない
と言えばカッコ良く聞こえますが
そういう姿勢も場合により、改めないと‥とも思っている。

 

それから5年後の昨年9月、
「長らくお返事せずに申し訳ありませんでした」とのお言葉とともに
再度ご縁を頂けた。嬉しい、有難い限り。
お伺いのうえ、再度現況を見せて頂いた。

 

2018年から2023年、5年の歳月は
建物にどのような変化をもたらしたのだろう?
当初、お客様が気にされていた2か所での変化をチェック。

1)苔の目立つ下屋
2018年

2023年
画角が反対からになってしまったが、さほど変化はなさそう。

 

2)南面シーリングの傷み
2018年

 

2023年
こちらは、さすがに劣化が進んでしまっていた。
サイディングの浮きも劣化を速めた要因のひとつと推測

 

そういう訳で、再度お見積りをご提出、
工事着手の流れとなった。

①足場仮設

 

②高圧洗浄

気がかりだった下屋のコケも、キレイに

 

③サイディング浮き箇所、ビス固定
サイディングを貼る際のビス打ちの箇所が、あまり端っこだと、
このようにサイディングの隅が割れてしまう。
その結果、サイディングが浮いてしまい、シーリングの劣化を速めたと思われた。
それでも傷んでいたのはここだけ。 築18年でこの状況、上々。
シーリングの劣化は、シーリングを打つ溝の深さも大きな要因のひとつ。
溝が浅いと、打ち替えてもまた破断しやすい。
こればかりは建設当初からのもので、どうにもならない部分。
今回は深さもしっかりとあり、
シーリングが本来の効果を十分に発揮できていたようだ。

 

ビスで固定

 

シーリング打ち替え後の様子

 

 

④屋根塗装
1)タスペーサー差し込み、錆止め・その後下塗り
(割れ等の箇所がある場合は補修も行います)

2)中塗り

3)上塗り
下屋は上塗り後、最終的にもう一度塗装する場合も

 

⑤外壁塗装
1)下塗り
建物全体が一時的に真っ白に
サイディングのビス固定はステンレス製のビスで行いますが
念のため、錆止め(赤い点々の箇所)

 

2)中塗り
中塗り・上塗りでお客さまにお選びいただいた色が登場

 

3)上塗り
今回のお客様宅は2色 + タイル(タイルは塗装しません)

 

⑥付帯部分塗装
胴差や

シャッター雨戸のボックス部分


 

⑦ベランダ防水

 

こうしておかげさまで
工事完了

2018年・・米朝首脳会談・西日本豪雨災害・平昌五輪

それから・・・

2019年 ・・元号が令和に・イチローさん引退・京都アニメーション放火事件

2020年 ・・新型コロナウイルスによる緊急事態宣言・終戦から75年

2021年 ・・コロナウイルスのワクチン接種開始・東日本大震災から10年・熱海土石流災害

2022年 ・・安倍元首相、銃撃・ロシアがウクライナへ侵攻・エリザベス女王亡くなる

そして
2023年 ・・コロナウイルス5類へ引き下げ・阪神タイガース優勝・WBC優勝

施工前

工事完了後

再度声をかけて頂きまして、本当にありがとうございました。
絶妙なタイミングで施工することができました。
ひとえに
お客様の「状況を見極める目」・「正確な判断」ゆえのこと。
お忙しい中、庭の植栽も丹精込めて育てておられました。
建物も意識的によくご覧になっていたのかなと。
凄いです。

近隣の皆さまも、ありがとうございました。

    関連記事

    1. あけましておめでとうございます

    2. 塗り替えからもうすぐ10年・・・中央区会社倉庫様大屋根補修、その他工事

    3. 神戸市中央区M様邸外壁・屋根塗装工事

    4. 築年数を経た集合住宅の外壁改修工事・・神戸市北区Kビル様 その3

    5. 神戸市北区K様邸外壁屋根塗装、その他工事

    6. 神戸市兵庫区Eマンション様、工事始まっています

    0120-
    37-1529
    お問い合わせ
    フォーム