積年の悩みを解消する大工事・・・神戸市中央区M様邸外壁塗装、屋根新設、その他工事(前編)

ホームページ開設当初からのお客様、Mさま。
最初は屋上の防水工事でご縁を頂き、
その後、漏水や、屋根瓦が落ちそうになったり・・・
その都度声をかけていただいていました。
年数を経た建物だけに問題が次々と

 

 

 

昨年2階にある在来工法の浴室配管から水漏れ。
ユニットバスの工事をした際、
洗面、浴室、洗濯機・・それぞれバラバラに配置されていた水廻りを1箇所に集約。
古い配管もやり直し。漏水の可能性は少なくなりました。
https://www.kaji-kawa.jp/2019/04?cat=14

 

 

 

残るは屋根と雨漏り

①屋根

屋根瓦が何度か落ちそうになった屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも屋根からの漏れと思われる箇所もあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰や瓦が更に剝落する可能性のある部分もあるため、
今回は屋根瓦を撤去のうえ、
ガルバ鋼板での屋根葺き替えをご提案

 

 

②雨漏り

ALC造であることから目地からの漏れや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシ周りのシーリングや壁のクラックからの可能性も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな可能性が。
今回外壁改修工事でこれらの原因は解消されるはず。

 

 

もぅひとつの可能性、
屋上

屋根の上に配されたルーフバルコニー。
広々とした面積が確保できる反面、
夏場は階下の居室が暑い、
構造上、雨漏りしやすいという欠点も・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうしますか?」とM様にお尋ねすると、

「もう何年も上がっていないし使っていない。
      怖くて上がれないんです」 とお返事が。

 

理由は屋上に続く鉄骨階段。
その高さは相当なもの、そして錆びも進行しているため
怖くて怖くて登る気になれないとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールのような構造から落ち葉やごみが溜まりやすいルーフバルコニー。
時折上って排水口を清掃しなければ余計に雨漏りの可能性を助長する悪循環。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで今回思い切って外壁改修工事と同時に

屋上に屋根を新設。
(水仕舞だけでなく空気層を挟むことで暑さも和らぐ)

錆びた鉄骨階段の撤去

屋根瓦は今回ガルバ鋼板屋根に葺き替え

ベランダ・バルコニーの防水工事

 

という方向性で工事をすることに決定

 

 

それに先立ち、いつも知恵を拝借している心強い専門業者さんが集まって打合せ
大工さん (屋根の土台をつくる)
板金屋さん (屋根に、防水シート、ガルバ鋼板を貼る)
鉄工所さん(鉄骨階段の撤去、ベランダ柵の一部復旧)
左官さん (玄関回りのタイル貼り、下地の一部補修)
足場屋さん (足場組、鉄骨階段撤去の後、一部組み替え)

 

 

これは大工事。
お見積もりをお持ちして、しばらくの後、
「工事、やります!」と決断されたMさま
M様と同じように、私どもも肚を括り。

 

 

しばらくお待ち頂いた後
①足場仮設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず取り掛かったのは

②外部鉄骨階段の撤去

一番の気がかりが、お隣の屋根に設置された太陽光発電
パネルに傷が入ってしまうと故障の原因、養生すると発電量が落ちてしまう・・・。
すみませんが・・・工事のご挨拶の際、お隣の方へその旨お話すると、
「もともと日当たりが悪いので、気にしないでください」と快く了解してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当ならクレーンで階段ごと一気に吊り上げて撤去してしまいたいところ。
クレーン車を横付けする場所もなく、
落とさないように金具で吊り上げながら、ひとつずつパーツを取り外し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷降ろし場として作ってもらったステージから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ手作業で荷降ろし
直ぐ下は道路。
一歩間違えば・・・もう、ヒヤヒヤドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日がかりで、なんとか無事に外部階段撤去完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撤去した外部階段とつながっていた4階ベランダ。
一部手摺が無くなってしまうことになるため
鉄工所さんにて手摺を取り付け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③高圧洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④鉄部、ケレン・錆止め

ケレン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆止め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤シーリング、下地補修

目地とサッシ周りのシーリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下地補修(クラック補修)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の浮き、補修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はここまで。
後編は屋根瓦撤去、ガルバ屋根新設、外壁塗装、防水工事等について
お話しようと思います。

 

 

 

関連記事

  1. 明石市I様邸外壁・屋根塗装工事

  2. 神戸市北区Mさま、Nさま外壁・屋根塗装工事

  3. 神戸市長田区 I様 社屋外壁改修工事  前編

  4. 神戸市兵庫区H様邸外壁・屋根塗装工事

  5. 神戸市兵庫区T様ビル塗装工事

  6. 神戸市須磨区K様邸屋根工事

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム