歳月が醸す風合いを残した外壁改修・・・神戸市中央区Rビル様外壁改修工事(前編)

昔からお世話になっている工務店さんからお話を頂き。
最初は何も考えず、ただただ圧倒されるばかり

正面からの見た目で、2棟の建物と思い込んでいたら
3棟からなる建物
空から見るとこのように

オーナー様に建物を案内していただく
仕事を忘れ、感嘆の声

何という空間

仕事を思い出したのは図面を見てから。
安藤忠雄さんの設計。
北野に4棟存在する安藤建築のひとつ。
そりゃ素敵なはずだ

と、同時に
「えらいこっちゃ」責任感がズシリ

 

改めて仕事目線で建物を見る。
築40年超。
屋根は錆び

鉄部も色褪せ

シーリングの劣化
サッシ枠も場所により、かなり錆が進行

施工内容として依頼を受けたのは
1)外壁洗浄(あまり圧をかけないで)
2)シーリング
3)鉄部(屋根を含む)塗装
年数を経た、その風合いを大切にしたい。
なので、高圧洗浄でキレイになってしまうのは避けたい
なんなら洗浄機でなくケルヒャーで洗ってくれて構わない
そんなご希望。

 

どちらにしろ、数量を算出する必要があり
1度では分からず、
仕事を終えてから足を運び、詳細を確認。
色んな時間にお伺いし、
建物に接する機会が増えるごとに
「畏れ多い」から徐々に「建物への愛着」へ。

 

私達なりに思ったのは
外壁の雨だれやシミを補修のうえ(別現場での施工の様子)

雨水をはじいて、なおかつ美観も守る
コーティングをなさっては?
そうすれば建物の劣化も抑えることが出来る。
今後も永く大切に使っていくために・・・。
そんな想いもあり、お勧めしてみた。

 

というのも、かなり露筋が見受けられ

 

心配だったため
爆裂による押し出しも各所に
コーティングすることで、艶が出てしまうものの
雨水がサッと流れ落ちてくれれば
躯体への侵入も少なく劣化を抑えられるはず。
建物に想いが芽生えた故の、私達の提案。

 

雨だれやシミも歳月を経た風合いのひとつ。
建物が歩んできた歳月の重み、それを大切にしたい。
ピカピカになって欲しくない。
そんなオーナー様のご意向もまた、建物への想い。

 

外壁の美観補修、コーティングは却下されたものの
爆裂や露筋など、
安全にかかわるものは補修させていただくことに。

 

建物にはショップやギャラリー、飲食店がご入居。
美術品や

 

各ショップの商品がある中での作業

通りに面したギャラリーさんは特に
お仕事への影響が大きく、ご迷惑をおかけするため
足場の位置やシートに始まり、
作業を施工する時間や曜日等打ち合わせ

こうしていよいよ工事が始まります

 

工事着手までに何度足を運んだでしょう?
お伺いの都度、新たな魅力に気付く。

地下へとつながる狭い階段を抜けると

開放的な広場へ
地下なのに、吹き抜けからは太陽の光が燦燦と降り注ぐ

 

地下の暗がりから

光あふれる空間へ

形が複雑なので足場仮設には4日を見込み。

 

工事詳細から完成までは後編で

 

    関連記事

    1. 神戸市垂水区S様邸外壁・屋根塗装工事

    2. 神戸市西区O様邸外壁塗装工事

    3. 明石市N様邸外壁塗装、その他工事

    4. 神戸市兵庫区T様邸外壁改修工事

    5. 明石市I様邸外壁・屋根塗装工事

    6. 階段から雨漏りが・・・神戸市兵庫区K様ビル屋上防水工事

    0120-
    37-1529
    お問い合わせ
    フォーム