市場のど真ん中! 雨漏り対策工事

この数年、雨漏りのお問い合わせが増えている。
昨年の長雨や、ゲリラ豪雨とも関係があるのでしょうか?
おそらく、あるのでしょうね。

 

今回はお世話になっているOさまの物件。
お問い合わせを受け、雨の日にお伺い。
出来るだけ雨のときにお伺いして漏れ方をみるようにしている。
「どのように」「どこから」「どのくらいの量」「雨の量や風との関連」「建物の構造」
いろんなことを念頭に置きながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はボチャボチャ。

 

天井のシミや剥がれてしまった壁紙が状況を物語っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階建ての、2階居室からの漏れ。
屋根を見せて頂く。
市場のどまんなか、梯子を上り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点検口から屋根へ・・・
古い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溝を清掃し、見てみると
怪しい箇所が(青い矢印)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまずシーリングをし、様子を見る間に
オーナーさん(Oさま)と話し合い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銭的な負担の少ないように、なおかつ確実に
まず見せて頂き、予測を立て対策を講じて雨漏りの原因を突き止めます。
1回で原因が分かればよいのですが、そうでもない場合も多く、
雨漏り対策の場合、案外長期戦になる場合も・・・・。

 

 

Oさまと工事の方向性を話し合いました。
・全体に屋根が古く傷んでいること、
・屋根の勾配が悪く雨水が屋根に停滞し続けているため、
 更に錆びが進み、かなり傷んでいる箇所もあること、
・今回部分補修で凌げても、遅かれ早かれ別の部分から漏れてくる可能性が高いこと

 

 

以上を踏まえ、屋根の葺き替え(カバー工法)をご提案。

 

 

で、今回工事の運びとなりました。
勾配調整も含め、大工さんが新たに屋根の下地を作成
その上からゴムアスシート(防水シート)を貼ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、いよいよガルバ鋼板屋根を作っていきます。
工事は水下から!軒先に近い部分から行います。

 

 

周囲の立ち上がり部分や、溝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

排水口部分の成型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勾配の悪い箇所の勾配調整

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな屋根はガルバ鋼板の立平葺き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏りの場合、笠木部分も押さえるべきポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠木部分、完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、屋根のてっぺん、棟の部分。
白い矢印の板を被せて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事完了!!!!

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事完了後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階の店舗は「魔法のレストラン」でもおなじみの、あのお店。

 

市場のど真ん中、
人通りの多さ、それに加えて前にはバス停!
資材搬入の際は大変でしたが
大工さん、ブリキ屋さんの頑張りで(本当にありがとうございます)
無事、完了しました。

 

 

入居者さん、雨が降っても、もう安心ですね。
そして、オーナーのOさま、ありがとうございました!

 

 

関連記事

  1. 神戸市須磨区H様邸外壁、その他塗装工事

  2. 神戸市須磨区I様邸外壁塗装工事

  3. 西宮市Y様邸屋根工事(カバー工法)

  4. 芦屋市M様邸外壁・屋根塗装工事

  5. 築年数を経た集合住宅の外壁改修工事・・神戸市北区Kビル様  その2

  6. 沢山の方々のご厚意で無事完了・・・明石市Lマンション様大規模修繕工事②

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム