梶川塗装とは

息のあった職人集団です

長年働いてくれている職人さんたち。
お互いに気心も知れ、連携はバッチリです。

作業前後に話し合いの機会をもちます。こういう話し合いの機会をもうけることで、お互いに現場の情報の交換や、新しい塗料、塗り方について学んだりしています。
作業途中にも段取りの変更や、もっとこうしたほうがいいという時には、必要に応じて臨機応変に集まっています。
本当に一軒一軒がチームワークの結晶です。

こうかくと堅苦しい印象になってしまいますが、現場は活気に満ちていて
「工事が終わると寂しい 」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。
現場は常に危険と隣り合わせで、緊張感がつきものです。
適度な緊張を保ちつつも現場の空気を和らげるため、ちょっとした掛け声や、道具の名前などを駄洒落にして、和ませているようです。(一度聞いてみてください。思わず笑ってしまうことがあります。)

個々の職人さんが皆様に好評で、それぞれご指名がかかることもあります。
自画自賛になりますが、いい職人さんばかりで、本当にありがたいとおもっています。 

自信をもって、提案いたします

材料や工法などに関する技術は日進月歩です。

昔では、あまりなかったシリコン塗料や今、話題の光触媒塗装など毎年塗料メーカーから新しい塗料が続々と発売され、工法もその数だけ誕生しています。
このような状況を踏まえ、私達はメーカー、団体の勉強会に積極的に参加、常に新しい情報を入手する努力を行っております。

また、お客様一軒一軒の現場が勉強の題材です。
構造も違えば、築年数も下地も異なります。
私達は、30年の経験に基づき、お客様の塗り替えの経験から、どの材質にどの塗料が適しているのか、その傷み具合や環境では、
どういった工法が最適かを正確に判断いたします。

特に近年は、塗料の性能が向上したために塗料のグレード主体の提案になりがちですが、
「塗装業として何ができるか?」
「最良とは何か?」
「数年後どのような効果をもたらすことができるか?」
を常に考え提案いたします。

アフターは大切です

数ある塗装業者のなかから弊社を選んでくださったお客様をがっかりさせることなく、
誰かにこっそり教えたいような、教えたくないような・・そう思っていただけるよう尽力いたします。

施工中は細心の注意を払うことはもちろんですが、
私たちはその後(アフター)も大切だと考えています。
引渡し後は、お客様のご希望により、定期点検も実施いたしております。
引渡し後のアフターフォローにも迅速に、誠意をもって対応いたします。

末永くお付き合いいただけるよう、アフターサービスの充実を図るため、営業エリアは神戸市全域(垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、西区、北区)、神戸市近隣地域(三田市、明石市、加古川市、芦屋市等)とさせていただきます。
小規模な会社ですので、対応できる範囲がどうしても限られてしまうのです。

それならば、もっと大規模な会社にすればいいのにと思われがちですが、そうなってくると下請けの会社に任せきりになってしまい、責任の所在が曖昧になってしまいます。

会社を経営するからには、手広く大きくしたいという願望もある!のですが、
お客様の感激の声や喜びの声を直接に味わわせていただくこと!今はそれが一番の喜びなのです。

関連記事

  1. 社長挨拶

  2. 書のページ 社長の部屋

  3. 沿革

  4. 会社情報

0120-
37-1529
お問い合わせ
フォーム